ネットビジネスは稼げない! こんなもんやってられっか!⑩メルマガ

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
メール配信

                 画像引用元=某企業のサイト


ネットビジネスでは見込み客にメルマガ
送らないと稼げないような話もあります。

誰かのメルマガを読むんじゃなくて
自分で書いたり送ったりするんです。


普通だったらネット通販か何かで商品を買うと
メールアドレスを入力してしまっているので、
その後にも別の商品のセールスのメールが来ますね。

そういうメールを送る側になってセールスを
しろって言う訳なんです。


読むだけなら誰でもできるかと思いますが、
送るとなると面倒そうですよね。

だって、そもそもどう言う仕組みで
メルマガが送られているのか?も
普通は良くわかりません。


どこへ申し込んでどうやってそう言う設定とかを
するのやら。

そして誰にどうやって送ればいいのやら。


考えようにも考えさえも出て来ないのでは?

まず売る商品を決めなくてはならないし、
それについての何らかのセールストーク
メールに書いて送信しなければならないはずで。


ですから、まず商品を作るのか仕入れるのか、
ですが、作るってとても難しいし時間も金も
掛かりそう。

そうするとどこかの誰かの商品を仕入れるとか、
あるいは紹介してバックマージンだけもらうとか。


いずれにしてもメールの文を
よっぽど上手に書けないと苦しいのでは?

学校で国語が得意だった人でないと余計無理かも。


でも、問題はそこじゃなくて、まず送る相手の
メールアドレスをいかにたくさん集められるか?
と言う所にもあるようで・・・。

いくらナンでも3人や5人にメールを送っても
99.9%稼げないはず。


大体、そのメールを読んでくれるかどうかも
不確定だし、開いても途中ですぐやめる人もいるし
全部読んでもほとんどの人は注文してくれないし。

つまり、送った全メールの中で
売り上げにつながるのはごくわずか。


そのもっと前の大前提として、そのメールを
送る人がどんな人なのかがすっごく重要。

つまり、カリスマ性があるとか人気者だとか
有名人だとか何らかの道のプロだとかトップだとか
そう言うんでなきゃなかなか認知されないから。


その点についてはS氏も証言していましたしね。

だから、そう言う強いキャラクター
持ち主でないと、成果を出すまでには
相当の期間を要するんです。


ところで、ネットでメルマガの業者を見つけて
お試しで申し込んだ事がありますが、
操作がやたらとわかりづらくて。

1ヶ月悪戦苦闘しましたが打ち切りました。


メルマガ業者には普通は料金を支払わなければ
なりませんので、極力コストパフォーマンスが高く
目的にかなった所を選ばないといけませんから。

毎月支払うとなると無駄にはできません。


そして、誰か知らない人の商品をメルマガで
紹介するのもイマイチ気持ちが入らないですよね。

自分で買って使ってみて本当に良かった物
ばかりならいいんですが、
まずそんなに買ってなんかいられないし。


よくわからない物をいかにも良さそうに
セールストークを書き並べるのも、ね。

セールストーク自体が好きな人なら
いいだろうけど。


で、メルマガは送る頻度が低いとダメだそうです。
つまり、しょっちゅう送ってなきゃいけない。

その文を誰が考えるんやねん?たら
そりゃもち論アンタ自分よ。


え~っ!?
そんな事、無理・・・。

そうです、そうなんです。


もー、メルマガなんてそんな誰でも簡単に
できるようなもんじゃないんですよ。

モノスゲェ難しいんです。


そう言う才能って言うか適性って言うか
それが合う人でないと無理なんですよ。

例えば、作家とか作詞家とかと同じで
なれない人はいくらやったってなれないんです。


なのにネット上には「誰でも可能」みたいな
セールスレターがやたらと多過ぎます。

そりゃ、手や指がありゃ入力は可能ですが、
そうじゃなくて・・・、実際はその話は
デタラメだと思った方がいいです。


やっぱり、自分に合う仕事が1番。

それを「性(しょう)に合う」と言いますし。
(・・・だから「性(せい)似合う」じゃないから!)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事