昆虫の浮気修羅場? 自然界に学ぶ成功パターン第2回

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
3P

3ピー?
そうとも見えるんです、初めは。

3匹いますから。


でもよく見ると1組のカップルが何らかの事に
及んでいるようです。

そこに単独のオスみたいなのが加わっているみたいな・・・。


動画が15分間もあるので適当にご覧頂ければ。


さて、その単独のオスみたいなのが、カップルの内の
メスみたいなのの頭か顔みたいな部分を
ずーっとコンコン突っつき続けている
んです。

どうしてそこばかりしか狙わないのか・・・。


しかしどんな事があってもカップルは何かを
はめっ放しのまま離れないぞっていう構えです。

そのはまっている細い方がオスに見えるんです。


なので、それと単独の奴が似ているので
それもオスに見えたっていう訳です。


では、この単独のオスみたいなのが言うとしたら
どんなセリフが当てはまるのでしょうか?


例えばこんなのは?


おい、お前は俺と将来を誓い合った仲じゃないか。
その男から早く離れてくれよ。離れてくれよってば~
。」

そして何故かメスらしいのだけに向かって説得し続けていて、
まったくライバルのオスを攻撃する気がないんですよね。


人間だったら寝取られている現場を押さえられたら
カップルも慌てて離れるだろうし、
絶体に普通は修羅場になっちゃう
と思うんですが。

カップルはまるでビクともせずにくっついてます。


では、別の考え方。

この単独のオスみたいなのはメスらしいのの顔に
接吻し続けている・・・。

まるでそういう感じに頭か顔ばかりを突っついてます。

それも理由の説明が難しいか・・・。


じゃ、次。


これは実は妨害してるんじゃなくて、支援しているのでは?

つまり「おい、しっかりやれ。頑張れ。もう少しだ。いいぞ。」
というようにずーっと耳元で励まし続けている?

でも、そこまでやる必要性があるんでしょうか?


あともう一つ。


接吻みたいに見えるのは、実は栄養を注入しているのでは?

ただ、そのような液体なり個体なりの物は見えないみたいです。


でも、一時4匹に増えてますよね。

後から来た4匹めの奴は、自分もはめる事に
混ぜて欲しかったような雰囲気でした。


そして、もう一つ。

単独のオスみたいなのだけが羽をずっと
羽ばたかせていました。

羽であおいで暑さを冷ましながら励ましているのかも・・・。


と、まぁ実況解説みたいな事をしてみましたが、
本当はどういう意図だったのかは、
本人(?)達か昆虫の専門家にでもきかないとわかりません。

問題はここから何を学べるか?です。


はっきり言って全然わかりません。

無理に考えたのは以下の事です。


先行者利益
先にやった方が勝ちという事。


ここぞというチャンスが来たら
死んでも逃さないぞ

っていう集中力。


性欲には勝てない
そういう産業はなくならないかも。


それにしても人間などと比べて体がこんなに小さいのに
撮り始めてからだけでも15分間ずっとですからね。

このスタミナはどこから来るんでしょうか?


そして、単独のオスみたいなのも
なぜ15分間行動をやめなかったのでしょうか?


これは
中学校か高校の授業の題材にでも使えば
きっと1時間くらいつぶせる
ような・・・。

いや、つぶすんじゃなくて、その・・・。


つまり、これがホントの自然界から学ぶべき
せいこうパターン・・・・・・・。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事