amazonの大馬鹿システムに激怒!!

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
amazon

あ゛ー、インターネットっていまだにこんな不便なの・・・?

本1冊買うのにこんな訳わからんシステムで
購入客を散々くたびれさせて怒らせて。


天下のamazonがこんなひどいとは。

おメェら自分でamazonで本を注文して買った事あるんか?
購入客の気持ちもわからんようなのは
ビジネスやる資格なし!

順番に説明する。

ネットで本を1冊注文し、後日コンビニで本の代金を払ったと。
後は、コンビニに本が届いたのを確認して受け取りに行くだけ。


至って簡単な話。

私は購入客なので注文確認、入金確認のメールと
本がコンビニに届いたというメールを見たら行けばいいだけ。


ただし、しっかり購入番号みたいなのを控えるかコピーして
それをコンビニの店員に伝えなければならないのは当然。

そんな番号位はちゃんと表示されてるはずだし。


ところで、本を1冊注文したらメールは次々に結局7件届いた。

7件めが本がコンビニに来てるというメール。
そこにも番号が載っていた。


で、代金を払った領収書にも番号が載っていたので、
コンビニにそれを持参したら「これではダメ」との事。

仕方なく家に戻りメールを見て驚いた。


番号が3種類あってその内2種類が必要で、それが7件の
メールの内のあっちにあったりこっちにあったり・・・。

だから、もし最後の7件めのメールにある番号を伝えてもダメ。


必要な2種類が載っているのは6件めのメールだと。

だからそれ以外は余計な番号。
購入者は混乱されまくり。


あーもー嫌だ!

でもそれだけじゃなかった・・・。
もう1つ、こいつらの人間無視
な感性にあきれた。


その番号が載っているメールをA4に印刷して愕然。

何ていう文字の小ささ。
普通のワープロにはないサイズだろう。


番号の1字が
幅1mm✕高さ1.5mm
しかないなんて。

パソコンの調節では最大にしてあるのに。
もし、それを中か最小にしたらどうなっちまうんだ。


これが人様に物を買ってもらって利益を得る企業の
やる事か。

しかも世界的大企業ではなかったのか。


所詮、人類なんてこの程度だったんだな。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事