カマキリが大雪の前の年に卵を高い所に産む理由

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
カマキリ

2014年2月中旬の大雪は観測史上最高値を各所で記録し、
関東甲信地方は大きな被害を受けました。

特に山梨県などでは幹線道路などが通行止めになるなど
交通網が何日もマヒするなどして大変でした。


環境省などは普段から地球温暖化防止対策ばかりに
偏った情報を流していますが、実際はまだこのように
いくらでも寒い日があるんです

寒さ対策も絶対に手を抜く訳にはいかないと言う事を
これで多少は自覚してくれたらいいのですが。


ところで、大雪の降る前の年にはカマキリが卵を
高い所に産むという説
があります。

工学博士の酒井与喜夫さんが長年の研究成果として
実際にそういう相関関係を調べ出し
以前から発表しているようです。


で、その理由ですが、まず、年間降水量がほぼ一定なので、
夏に少雨だと木が冬に向かって水を強く吸い上げるそうです。

そしてカマキリがそれを感知して冬の降水=降雪が多いと
判断して高い所に卵を産むらしいのです。


そんな事を調べる人がいるというのも
びっくりする話ですけれど。


実際に某所で例年は地上40cm程度の高さにしか
産んでいなかったのに大雪のあった今回は2m以上の高さに
卵を産んであった
との報告もありました。

見事に大雪を予測していた事になります。


余談ですが、カマキリの卵の中身は黄色っぽい又は
オレンジ色っぽい液体みたいになっています。

それを吸い込んでジュースかおやつの代わりに飲む人もいます。


普通はそこまでしなくても飲み物ぐらい買えばいいのですが、
もし遭難したとかどうしようもない事情がある場合などには
栄養補給に使えるかも知れないんです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事