カメムシショットに気をつけろ! (カメムシの捕まえ方)

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
カメムシ


カメムシはヘッピリムシとも言う例の臭くて嫌な昆虫です。

つついたりしていじめたりすると、
独特のトンデモナイ臭いを付近に発生させます。

これは、トランス-2-ヘキセナールという
アルデヒドの一種らしいです。

ですから、ウッカリ素手で捕まえようとして失敗したら
手が臭くなって大変です。

そこで、正しい?捕まえ方と、もう一つ、
重大な注意点を述べておきましょう。


その前に断っておきますが、これは家庭などの屋内に
どこからか入って来てしまった何匹かの
カメムシを1匹ずつ捕まえる時の話です。

林の近くで隙間の多い建物の場合は、
ホウキではいて捨てる程たくさんのカメムシが
集団になっている事もあります。

又、水田などにも発生し農業の上では害虫でもあります。

ここではそれらには対応していません。


では、まず、使う物として紙のガムテープを用意します。

それを5~8cm位に手かハサミで四角に切った切れ端を
2つ作ります。

カメムシがいたら、真ん中に入るようにしながら
ガムテープの切れ端の片方をカメムシの背中に貼り付け、
ガスをされても漏れないように
素早くもう片方を裏側から隙間なく貼りあわせて
カメムシをサンドイッチにして閉じ込めて終了。

あとはゴミ箱へでもどうぞ。

しかし、なかなか背中に張り付かない事もあります。
その時はガムテープを背中に軽く押し当ててから
6本の脚も含めてそうっと何度もこすってみます。

もち論、カメムシが最初から裏返っていたら
そのままガムテープを裏側に先に貼ります。


ところで、カメムシを普通の掃除機で吸い取ると、
排気口から臭い臭いが出てしまうので、
やめたほうがいいです。

死んだカメムシでも鮮度がいい内は
臭いが出てきます。


さぁ~て、では、一番重要なポイントに移りますか。

カメムシに近づく時には、
必ず背中側か、裏返っていたら裏側からにする事です。

とにかく前後左右=サイドからではダメです。
自動車に例えれば、屋根側か裏返っていたら裏側の
上空からです。

もし、前後左右=サイド方向から近くに顔を近づけると、
強烈な催涙弾がカメムシのどこかから発射されて、
目に入ったものなら、強烈にしみるんです。

これはガソリンか石油が目に入った時の痛さと
そっくりですから!!

もう本当にすぐに洗面所に走り込んで目を洗ったりしないと
治らないかと思う位です。
事実、成分が油溶性だという事なので、水やお湯では
すぐには落ちないようです。



ですが、目に入った時は臭いは感じません。
これが臭いの物質と同じなのか、それとも
臭いとは別の武器を持っていて
それが発射されるのかはわかりません。

又、それが出てくるのが尻からなのか口からなのかも
わかりません。
というよりも、見えません。
多分、無色透明なのでしょう。

という事はやはりガスでしょうか。


それにしても、
こんなのがあるなんて、
誰も教えてくれませんでした。

これは「カメムシショット」と勝手に名づけて
注意を促しておく事とします。


Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事