ネットビジネスは稼げない! こんなもんやってられっか!⑤

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
ネットビジネスは⑤

「せめて1円を手にしたい!
21世紀のITを駆使し約30万円を投じて6か月間
ネットビジネスに取り組んだ末に発せられたセリフ


これでは
廃棄物の山から資源をあさる貧民街の少年と
大差ない
レベルかも。


仮りにその年収が3千円に増えたとしても
約30万円という元を取るのに100年掛かる計算・・・。

しかも本当に3千円に増えるかどうかもわからず・・・。


まともに考えたらとても普通の精神状態では
立って歩く事もできない程の失望感です。


ネットビジネスで短期間に成果を出すのは
想像を絶する難しさがあると。

会社や組織などに縛られない「フリーエージェント」なる
個人事業形態を目指すもこれが日本での現実なのです。


ただし、これには個人差などが大きく関係し、短期間でも
収入を得られた人や受講後に多額の収入を得られた人も
いるようです。

なので、結果は人それぞれであり、
あくまでもこれは1つの例です。


それにしてもネットビジネスを教える約30万円の教材を
販売する際の
宣伝文句などがうま過ぎた感じはします。

特に、まるで誰でも短期間でも稼げるかのように
思わせてしまうテクニックが凄いんです。


勝手にそう思い込んでしまった方が馬鹿だと言えば
それまでだしその通りです。

でも、ちょっと大きな期待をしてしまう方向に
気持ちを持って行かれてしまったんです。


で、始めてみて驚いたのはその講師の先生が
異常に頭が冴えていて記憶している情報量も多くて
ビジネスにも精通している事でした。

確かにこんなに能力のある人物は珍しい
っていう感じです。


内容的にも「これは30万円払ってでも
覚えてしまった方が得だ。」と強く思える物です。

実際には役に立たないような講義を大学で学ぶよりも
これの方がよっぽど使えそうにも思えました。


ですから、これに取り組めた事は非常に幸運な
ありがたい事だったのは間違いない気がします。

例え営利目的でもこういう教材を世に出して
学ぶ機会をつくって頂けた事には大いに感謝すべき
所であり、非常に感謝しています。


しかし、最終回までやってみてわかったのは、やはり
内容を把握して
頭に入れるだけで半年や1年は掛かる

という事。

少なくとも専業で取り組む場合以外は時間的に
余裕もなく短期間では無理。


なぜかと言うと学習で1時間以上、実戦で最低1時間以上で、
毎日絶対2時間以上は必要なんです。

しかも1回では意味が分からなかったり
実践が簡単にはできなかったり・・・。


まぁ、もっと頭がいいんならもっと速いんかも。
何しろ記憶力もあんまりないし・・・。


考えてみれば何かの専門学校は大体2年制。
技能の基本を学ぶにはそれ位は必要なのでしょう。

そういう所と単純に価格を比較すれば、もし30万円で
高収入を得る方法を習得できればめっちゃ安いんですがね。


とにかく、初めっから
「2年は掛かるからそのつもりで。」
とでも言ってくれてれば、まだ納得はできるんですよ。

それを「〇か月だけ必死で付いて来て下さい。」
とか言われれば、それで少しは成果も出せるのかと
思っちゃうじゃないですか。


実際はそんな甘いもんじゃありませんでした。

これはネットビジネスに限った話ではないし、
ネットビジネスだけが甘いはずもないんです。


それに、何の分野だって生徒が全員プロになれる訳じゃ
ないんだし。

他の業種の職人さんだったら2年なんかじゃ
まったくのペーペーだし。


だから、根本的にもっと長期間頑張り続けないと
どんな事だって成功できない気がするんです。

その最初の期間をいかに持ち答えられるか、
成果が少なくてもモチベーションを保ち続けられるか、
そこが問題になってくると思うんですよ。


その前にセンスや才能ががあるのか?
適正は合うのか?

それをきかれると「う~~~ん・・・。」


でも、他に1つ大きな勉強をさせてもらった点があります。
それを敢えて言うとこうなります。

自分は
誇大にあおる宣伝は
しないぞ!!



という訳で、最後に一句。
「うま過ぎる 宣伝文句に ご用心!」 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事