自然界に学ぶ成功パターン 第1回

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)

この動画、見て下さい。
何ちゅう小ささでしょう!

でも小さいクセにちゃんと動きが完璧です。


いや、そんな事は今日の場合どーでもいいんです。

2014年6月の時点で
この生き物とまったく
同じ(?)事をして
金をがっぽり稼いでいる
日本人がいる
んですよ!


まったく同じ?
そんなアホな。

いや、アホちゃいます。
ホンマに本質がまったく同じやて思うはずです。


それは誰でもテレビで多分何回か見た事のある人です。
車などのいくつものCMにも出ていた男性です。

わかりましたか?


わからない?
では次のヒント。


スポーツ選手です。
そして、スポーツに大きく関係したある事を・・・。


もうわかったでしょ。
それを本にしてコンビニにも置くようにしてる著者。


仕方ない。
答えを聞きたいですか?
本当に聞きたいですか?


そう。
サッカーの長友選手です。

体幹トレーニングの本を出して、
それが売れまくってますね。


この生き物と同じ運動したら、
体幹が鍛えられますよねー。

子供達を集めて「シャクトリムシごっこだよ」って言って
させれば、体育の授業にもうってつけ
でしょう。


でも、やってみると意外に手首の関節に
ショックがくる
んで
とにかく無理のないように。


この生き物をビデオに撮った時には
こんなの何も役に立つ訳ないと思いました。

でもこうやって何かと関連付けられるかも
知れないって言う事ですね。


ついでですが、この生き物を和英辞典で引くと
名前が4つもあるんですよ。

inchworm 
spanworm
measuring worm
looper


だそうで、為になりました。
(使いそうもない知識・・・。)


尚、このシリーズは2014年6月17日に
自家菜園で草をむしっている時に思いつきました。

不定期になりますが、100回を目指して
載せていきたいものです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事