虫で稼ぐノウハウ②富岡製糸場 自然界..成功パターン第8回

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
繭

虫で稼いだ産業のトップと言えば多分製糸業を置いては
外にないでしょう。

2014年に富岡製糸場が世界遺産に登録が
決定したそうですが、その元はやはり虫です。



何しろ昭和の前半頃までは化学繊維がまだなくて
生糸=絹糸、綿糸、麻糸などで衣類の布を
織っていたと言うのです。

その内でも生糸はカイコという蛾の繭を原料にして
作るんですから。


その繭っていう物を良く見れば、確かに
繊維みたいなのを抜いてよっぽどたくさんより合わせれば
糸が作れなくもないようにも見えます。

でももし道端で木に付いている繭を1個見つけたとしても
まさかそこから糸を作ろうとか、更に布にまでしようとか、
普通はあまり考えません。


しかし、世界のどこかの誰かがきっとそれを
執念で実現したんでしょうか。

よくぞそこまでやれたもんだと感心します。


でも、その為にはカイコという蛾の幼虫を
大量に飼育して大量の繭を作らせなければ
ならない訳です。

その飼育の方法まで開発したという事になります。


生糸の時代にはカイコの幼虫を家の中で飼育していたので、
エサをかじる音が夜でも聞こえたんだそうです。

エサは桑の葉なので、農家の畑に桑の木を
たくさん植えてあったようです。


「♪ 山の畑の桑の実を小かごに摘んだはまぼろしか」
っていうのがその桑の実です。

桑の実は今でもブルーベリーみたいでおいしいですが。


化学繊維が普及するまではカイコを飼育する養蚕が
農家の収入源にもなり、生糸の生産は
1つの産業だったようです。

農家では「おカイコ様」と呼んでありがたく
飼育したようでもあります。


しかし、とにかく迷惑なのはカイコの方です

虫なんだけど生き物なので、人間の都合で飼育されて
いいように使われて殺されて・・・。


せっかくエサを毎日食べて大きくなって
繭の中でサナギになったところで
繭を横取りされるんですからね。

本当に人間て何でも搾取してますね


そのサナギも人間の食べ物としても売られて
ちょっとかりん糖みたいな味で
栄養もありそうですが。

魚のエサとしても売られてました。


だから製糸場という所はカイコという虫がいなけりゃ
なーーーんにもできなかったんです。

富岡製糸場が世界遺産になれた元は
100%全部がカイコのお陰なんです!



人間の功績ばかりが報道されがちですが、
それをぽーっと鵜呑みにせずに
色んな観点から考えなければなりません。

そして、こういう産業は成功したと見るのか
成功ではないと見るのか
その点も意見が分かれるのかも知れません。


そういう総合的な判断能力を10~20代の内に
身に付けて欲しいものです。


尚、写真は下記より引用しました。

http://www.yunphoto.net/jp.k/w48/php/photobase/yp7883.php

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事