未然奉行 松平健、鈴木福、鈴木夢もガッカリ? お粗末な不備

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
未然3

2014年9月15日に新聞折り込みに入れられた
政府広報の高齢者詐欺未然防止ガイドと称する
チラシにはまったくお粗末な不備がありました。

せっかく
松平健さん、鈴木福くん、鈴木夢ちゃんまで
登場してるのに、ガッカリします。


どのようにお粗末なのかは動画で大体説明しましたので、
ここではそれをもう少し補足します。


これは消費者庁、警察庁、金融庁が管轄しているように見られ、
もしかすると電通、博報堂クラスの最大手(おおて)の
広告代理店が制作したようなできばえです。

ですからかなり多くの人の手を介して
様々な意見のやり取りの結果でき上がったはずです。


なのに誰もこういうお粗末なダメな部分を
指摘しなかったのでしょうか?

もしそうだったらそいつら皆んな馬鹿じゃないか。


そんなんでいい給料やボーナスや待遇を得られるなんて
おメェらがまるで詐欺もどき
じゃねぇか!

そういう一般国民の声をもっと真摯に
受け止めるべきです。


憶測ですが、恐らく消費者庁、警察庁、金融庁の担当者は
大手広告代理店に頼んだんだからいいだろう、と
頭から信用し切っていたのでしょう。

プロに任せたんだから素人の公務員は
文句を言わない方がいいと思ったんでしょうよ。


しかも有名人の大スターを起用して金もかけたし
消費者ホツトラインやオンライン、ダウンロードの方も
その関係の専門業者に依頼してあるし、と。

だからこれでうまくいったはずだと思ったのでは?


やはり広告代理店側は
高齢者の気持ちになるという事が
できないようなレベルの低い人だけで
制作してしまったように見えますね。

しかし、そこも会社なのですから本来は
上司、その上司そして社長も直々に
チェックする機能が働くべきでしょう。


もしその「全員がチェックしていたんですが・・・」
なんて言われたらお手上げですが。

結局、大手だって全然ダメじゃん
という事がよくわかりました。


しかし、普通はこういう物は完成作品にする前に
実際の対象者(今回は特に高齢者)に読んでもらうとか、
ある程度の検証を事前に行なうべきなのです。

そうすればもっと改善されていたはずです。


今回のチラシは「保存版」と書かれていますので、
是非ともこのお粗末な失敗作を
末代まで語り継ぐようしっかり保存しようではありませんか!

そのように広く告知して頂くよう
皆んなでこう言って直訴してはどうでしょう?

おねげぇしますだ、お奉行様ぁ~~~





Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事