「がっちり~」森永卓郎 東京五輪招致予想の愚

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
森永

http://www.youtube.com/watch?v=yBierUXpda4

森永卓郎氏と言えば経済アナリストとして、
「がっちりマンデー!!」などの数多くのテレビ番組にも
出演してお茶の間に好印象を与えている著名な知識人です。

この方は確か東大出身なので頭脳は明晰だとの
お墨付きも得ているはずです。

それにしては「お得な情報」をでれでれと説明したりして
少しなごやかで気のいい感じの憎めないおじさんです。


そもそも「経済アナリスト」という肩書きは一般的には
この方が最初に名乗ったような気がします。

普通だったら「評論家」とするところを「アナリスト」という
目新しい単語にして、ちょっと印象を良くしていますよね。

そこもやっぱり普通より上に行く為の工夫なんでしょう。


ところで、このおじさんは東京が2020年の夏季五輪の
招致争いを進めていた2013年9月の時点で
とんでもなくアホな説明を展開していました。

「がっちりマンデー!!」の中ではありませんが、
その内容をここに示します。


このおじさんはこう述べていました。


「五輪によってもたらされるデメリットはほとんどない」
「唯一の懸念は、万が一過剰な警備が行なわれれば、
経済が混乱するという点だけだろう」


これがどれ程アホかを一応解説しておきますか。


周知の通り福島の原発事故による放射能汚染が拡散し、
収束の目処など何も立っておりません。

この状態でもし更なる大地震でもあれば原発がもっと爆発して
益々ひどい汚染が関東一円やもっと広い範囲を
おおう事も予想されます。


そうでなくとも、太平洋に汚染水が
垂れ流され続けていますから、
東北関東沿岸の魚介などは極力食べたくありません。

江戸前の寿司だってもう食べない方がマシなんです。
余計なリスクは最初っから排除した方がいいですから。


全世界が注目し懸念している
この重大な放射能汚染問題を
森永卓郎のアホおじさんは、
これっぽっちも考えませんでした。



こいつホントに東大?
こんなにアホなのに?
って事は東大なんか出てもまるっきり価値なしやないか!


そしてこれで「アナリスト」?
こんなのもう絶対に一切テレビに出て欲しくないですわ。

一般庶民でもわかり切っている懸念を
「ない」と言い切るんだから、完全な能なしです。


そう言えば、このおじさんは震災後に原発の再稼働も
一時的に行なうべきだとの持論も展開していました。



放射能による苦しみをわかろうとしない種類の
ダメ人間がまだ多く存在しているようですが、
そういうアホは人前とか人の上には
立たせてはなりません。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事