一輪車 三澤杏奈 あんぴー、世界チャンピオンのギネス更新は?

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
みさわあんな

http://chojin.laff.jp/extreme/2011/04/post-f532.html

最近テレビでもたまに見かける一輪車乗りの
可愛い女の娘が、三澤杏奈 あんぴーという名前で、
何と世界チャンピオンだそうです。


あんなバランスの取りにくいクソ不便な
役に立たないような?乗り物をいともたやすく
乗り回すんです。

しかも、フィギュアスケートみたいにクルクル回ったり
ジャンプしたりできるなんて、まったく呆れてしまいます。

それがまた一見ルックスも可愛くてタレント並みなんです。


まぁ、ルックスは置いといても、大会成績が飛び抜けてます。

2012年国際一輪車競技大会で、
100m総合優勝、タイヤ乗り総合優勝、
42.195km総合優勝、日本代表リレー総合優勝、
ソロ演技21歳以上の部優勝、ペア演技19~29歳の部優勝、
100m 19~29歳の部優勝、
タイヤ乗り19~29歳の部優勝、
フルマラソン19~29歳の部優勝、
リレー19歳以上の部優勝、100kmマラソン 優勝、

と合計11種目で優勝です。

そんなの聞いた事ありまっか?
まったくのバケモンと言う以外ありまへんわ。


他にもまだ凄い成績をたくさん残しておるのですが、
その内でも気になるのがこれどす。

2011年に日本テレビの「ギネス世界記録の美女100人」で
スウェーデン男性の保持するギネス記録12秒11に挑戦し、
僅か0.3秒差までに迫ったのですわ。

男子を相手にしながら、もうちょいで勝ちそうな勢いでは
おまへんか。

これは、いずれギネス記録更新をかけてリベンジの戦いに
挑んで頂かなければあきまへん。


それにしても大したものです。

回るのも凄いですが、実は一輪車って真っすぐ一直線に
進むのが超難しいんです。

速さを競うにはなるべく真っすぐ進まなきゃいけませんから、
非常に優れた運動能力が必要です。

その上、タイヤが1つという極めて不安定な中で
スピードを出すなんて、あー恐い恐い。


一体どうすればそんなに上達できるのか、1度
三澤杏奈 あんぴーを呼び付けてきいてみてはどうです?

イベントのアトラクションとして、これは相当使えるんじゃ
ないでしょか?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事