FBアカウント 停止中

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
FBご利用いただけません

こちらのフェイスブックのアカウントが停止中です。

もしアクセスされました方がありましたら
ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ありません。


目下、対策を検討中です。


尚、インターネットには解禁当時から
多くのリスクがある事が懸念されていました。

そしてフェイスブックにも多くの問題があるとの
注意喚起がなされている模様です。


その中には
「フェイスブック上の情報は、全て米国CIAの監視下にある」
という話まであります。

これじゃ
国民総背番号制どころじゃないじゃん!!


その程度の可愛いレベルじゃなくなってるっいう事。

フェイスブックで居住地まで調べられて
下手すりゃ襲われる事だってあり得るし、あったと。


特に私が心配しているのは、米国CIAだろうが
日本の国家公安委員会だろうが大学の博士だろうが
どんな人物も犯罪者に転向する可能性がある点。

あの人は真面目だから大丈夫、と思っていても
絶体確実とまではいかないはずです。


ミスもあれば酔った勢いとか寝ぼけていたとか
躁うつ病だったとか覚せい剤中毒者だったとか
大失恋でヤケになる場合もあるだろうし。

誰だって一生に1度や2度はヘマもするでしょう。


フェイスブックだけが名簿や情報の管理を完璧に
できるとは思えません。

他の情報流出事件が連日のように報道されていますし。


ですから、こんなに不安の大きいフェイスブックに
安易に身分証明書付きで個人情報を流すのは・・・。

もうちょっと何か方法はないもんでしょうか?


基本的にはインターネット上には
流れてしまっても削除されてしまってもいいような
極力どうでもいいような情報だけを流さなければ。

そうしないと不安やリスクは減らないとなると
実にやっかいです。


何とか高速でインターネット上を駆け抜けて
支払うべき物は支払いながらそれ相応のメリットを得て
被害に会わない内に撤退できないものでしょうか?

その方法を考えるのも又やっかいで・・・。


え? 考えても無駄?

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事