衝突事故の原因はヨーグルト!?

Sponsored Links ↓ (このすぐ下はGoogle広告です。記事と紛らわしいのでご注意下さい。)
ヨーグルト

      画像引用元=http://blog.livedoor.jp/prestoo/archives/31069376.html


私が自動車事故を起こした最大の原因物質は
ヨーグルトに違いありません!

もしかしたら訴訟を起こしていても
おかしくないかも知れないんです。


過去の事ですが、その経緯を説明しましょう。


ある日、車で日帰りでスキーに行った
帰り道での事です。

広い直線道路を走っていたはずです。


5~15秒位?の間「ゴトゴトガタガタガーガー」
というような感じの騒音と振動が感じられました。

気が付くと車体の左側を歩道側の縁石か何かに
ずーっとぶつけながら走っていました。


どうやら運転しながら居眠りをしたようでした。

やっと目が覚めて車を止めましたが、
タイヤも1本つぶれていました。


たまたま近くに自動車整備工場があったので
何とかその日は直して家に帰りました。

良く帰れたものです。


もし車が右に寄ってセンターラインを越えて
走っていたらとてもこんな程度では済みません。

対向車と正面衝突して死亡していたかも
知れないです。


問題はなぜ居眠り運転をしてしまったか?

と言っても本人としては運転中に
意識が消えただけのような感覚でしたが。


実はスキーの後でホテルの売店で
ヨーグルトを買って食べてから運転したのです。

それは正に乳製品その物。


赤ちゃんを寝かしつける時にミルクを
与えるように、乳製品を摂取すると
眠くなって当然だったのです。

もち論、そんなに極端には効果は出ない
かも知れませんが。


しかし、スキーで昼間一日滑って普段使わないような
筋肉を使って体力も消耗して疲れていました。

そして日没に近づいて外も薄暗くなる
午後4時半~5時半頃という時間帯。


海水浴の帰りもそうでしたが、
こういう時って眠くなるんですよね。

泳ぐのも普段と違う筋肉を使いますし。


とにかく絶対に乳製品は
摂ってはならなかった訳で・・・。

そういう教訓を身を持って得たのです。


因みに私の場合、夕方にバイク(自動二輪)で
居眠り運転をした事もあります。

走りながら目が覚めるとセンターラインを
超えそうになっていてバイクが傾きかかって
いましたよ。


さて、ところが、呆れた事にその当時ラジオでは
牛乳を飲んで運転するよう
「日本牛乳普及協会」がPRしていました。

牛乳を飲んだ方が安全運転ができると言うんです。


理由はカッとなったりイライラしたまま運転すると
危険だから、牛乳を飲んで心を落ち着けてから
運転しなさい、という事でした。

それは確かにそうとも言えますが。


でも、要はカッとなった場合は飲むべきでも
疲れてる夕方は飲むべきじゃなかったんですね。

だからいつでも牛乳を飲むと安全である
かのようなPRになっていて、まずかったんです。


さすがにこのPRは現在は流れてきませんが、
公共的な感じのするラジオでの内容であっても
そのまま鵜呑みにしたらダメなんです。

どんな情報でも最初から
半分は疑ってかかる位の癖を付けておかないと。


後は、自動車学校でこの居眠り運転の原因について
確実に教えるように規定されているのかどうか。

学科試験でも絶対に出題してもらわないとね。


私だってせっかく事故から「生還?」
したんですから。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

(※恐れ入りますが記事が役立ったり良かったりした場合には↓このボタンをクリックして頂ければ幸いです。)
ストレス ブログランキングへ

この記事の著者

能有羽生蘭渡

謎のレッサーパンダ

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事